1カ月も経つと、あの幸福感、衝撃も薄れてしまうのかな。

1カ月前の出遅れ、お産テーブルの上で陣痛に苦しんでいた。わがお子さんに出会えるのを楽しみにしながら。赤ちゃんも頑張っているんだよ!なんて声をかけられてたなぁ。先2暇ぐらい頑張って耐えて、出るわがお子さんって初対面することができたんだなぁ。というと、あっという間の1カ月ですな。
こういう1カ月、日々赤ちゃんの配慮に忙しく、あたふたという忙しくして過ごした。赤ちゃんも何だか寝てくれなかったり、ぐずってばっかりいたりして醍醐味もできない、世帯ももたつく…といった緊張に感じることもあったが、かわゆいわがお子さんのためになら頑張れるような気がする。今旦那も養育には参加してくれみたい。
何だか立ち会いお産を通してよかった。あの際、旦那といった双方してポロポロと泣いたな。この子の幕開けの際という疼痛に耐えたという満足からか、自然と涙が溢れた。こちらにもこれ程働けるスキルがあったんだといった感心した。
も、旦那もおとうさんになったんだから、ぐっと自覚を持って生活力をつけてほしいな。この子のために。一心に女の子は凄いって訊くけど、とにかく女の子は手強いんだな。自分が女の子になって改めて女の子の強さを実感してる。自分の女の子にも今までとは違う歓喜の考えが芽生えてきた。せふれ募集サイトはここ